EN

   

MENU

医局説明会

2022 年 大阪医科薬科大学整形外科学教室最優秀論文賞 応募のご案内

2022-11-14

2022 年 11 月 11 日

整形外科学教室 先生 各位

2022 年 大阪医科薬科大学整形外科学教室最優秀論文賞
応募のご案内

 
 この度、2022 年大阪医科大学整形外科学教室最優秀論文賞の審査を行います。
 応募資格は、英文誌に投稿し 2022 年に掲載された主著者のものを対象といたし ます。発表ならびに表彰は、2023 年 1 月 14 日(土)の同門会総会にて行われます。 奮ってご応募下さいます様よろしくお願い申し上げます。

提出書類:2022 年に英文誌に掲載された論文

応募締切:2022 年 12 月 16 日 (金)

応募先   :応募漏れ防止の為、森岡・木下の両 address へ論文(PDF)を添付し
     mail にてご応募ください。
     応募 1 週間以内に受領 mail が届かない場合はご一報をお願いします。

秘書 森岡久美 E-mail:  kumi.morioka@ompu.ac.jp

秘書 木下典子 E-mail:  noriko.kinoshita@ompu.ac.jp

                                                                                                                 以上

下記から詳細をご覧頂けます
↓↓↓
【新】整形外科学教室最優秀論基準

新鮮アキレス腱断裂の患者さんのご紹介のお願い

2022-11-08

大阪医科薬科大学看護学部 安田稔人
                     大阪医科薬科大学整形外科 嶋 洋明

 いつも大変お世話になっております。この度、科研費によりアキレス腱断裂の再生医療「スポーツ選手のアキレス腱断裂に対する早期運動療法を併用した多血小板血漿療法」の臨床研究を開始することになりました。再生医療に関する臨床研究を行うための審査は全て承認、受理されております。手術当日、手術室にて患者さんから採血(26ml)を行い、クリーンベンチ内で専用キット(ジンマーバイオメットGPSⅢ)を用いて生成した多血小板血漿3mlをアキ レス腱縫合部に注入します。術後は早期運動療法(ギプス2週後、装具にて荷重)を行います。スポーツ復帰時期やMRIでの腱長、臨床成績を調査する予定です。是非、以下に該当する患者さんをご紹介いただきたいと思います。まずは3症例から5症例にこの再生医療を行い、その臨床経過を調査する予定です。何卒、ご理解、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

<選定基準>
① アキレス腱断裂にて手術を行う者
② スポーツ活動を行なっている者
(高校、大学の部活やサークルで週に3回以上活動している学生、企業で週に3回以上活動している社会人スポーツ選手、プロスポーツ選手など)
③術後早期運動療法を行う予定の者
④年齢が16歳以上65歳未満である者
<除外基準>
① ステロイドの内服歴のある例(服用期間は問わない)
② 再断裂例
③ アキレス腱の手術既往のある例
④ MRIが撮影できない者

 なお、手術を含めた入院費用、外来通院費用は全て科研費で支払いますので、患者さんに費用負担はございません。研究参加を希望される患者さん、または研究の詳細の説明を希望される患者さんがおられましたら、本院にご紹介いただき、本院で研究の詳細を説明し、同意をいただけた場合にのみ、研究参加をお願いする予定です。説明後に同意を得られなかった場合は、本院または貴院において保険診療で、通常手術または保存療法を受けていただくことになります。まずは、該当する患者さんがおられましたら、下記連絡先までご一報いただけると幸いです。お忙しいところ、誠に申し訳ありませんが、ご理解、ご協力のほど、何卒、よろしくお願い申し上げます。

       研究代表者 大阪医科薬科大学看護学部 安田稔人
       研究分担者 大阪医科薬科大学整形外科学教室 嶋 洋明

第4回創外固定セミナーが開催されました

2022-05-10

2022年4月16日 大学院3年生 平井佳宏

 コロナ禍の影響で2年間の延期を経て、第4回創外固定セミナーが開催されました。
今回は救急部が三次救急を取り入れることもあり、今後創外固定の使用が増えることが考えられ、救急部の先生にも参加を募りました。実際には救急部の先生方、遠方から見学に研修医の先生2人含め、約20人とたくさんご参加いただき、高須教授にもご参加いただきました。
 嶋先生から創外固定に関する講演をいただき、今回は下腿から足部の骨模型を使用して、共催いただいた日本メディカルネクスト社の単支柱型の創外固定器を使用して実際の設置の実習をしました。
 それぞれ上級医と研修医やレジデントに分かれ下腿骨骨折や脛骨天蓋骨折をイメージして設置の練習をしました。これから大学でも使用することがある機種であり、使用方法も比較的簡単で、初めて創外固定を使う方にも、また私も数回使用したことがありますが使用方法の再確認や、いろいろな固定法、使用法が学べて非常に勉強になりました。今はまだそこまで関わりのない救急部の先生とも一緒に実習できて、皆さん今後の相談やコンサルトもしやすくなったのではないかと思います。


 最後になりましたが今回のセミナーを計画してくださいました嶋先生、日本メディカルネクストの皆様本当にありがとうございました。次回の開催も楽しみにしております。

 参加希望の方や創外固定について相談がある方、また次回以降開催して欲しい内容や創外固定法等があればいつでも整形外科学教室にご連絡ください。

 

 

小野村敏信名誉教授「お別れの会」のご案内

2022-05-02

大阪医科薬科大学 名誉教授 小野村敏信先生は令和3年12月31日 94歳をもって永眠されました。
ここに生前のご厚誼を故人に代わり深謝し、謹んでご通知申し上げます。
つきましては下記の通り「お別れの会」を執り行うことと致しましたので、ご連絡させて頂きます。

大阪医科薬科大学整形外科学教室     教授 根尾 昌志
大阪医科薬科大学整形外科学教室同門会  会長 中川 浩彰


日時   令和4年6月25日(土曜日)
         式典 午後3時より(受付時間午後2時30分より)

会場   ホテル阪急インターナショナル4階「紫苑の間」 
     住所 大阪市北区茶屋町19番19号
     電話 06-6377-2100


お問い合わせ先
大阪医科薬科大学 整形外科学教室同門会
TEL:(代表)072-683-1221  FAX:072-683-8553  E-Mail :ort104@ompu.ac.jp

女性医師研究者支援センターより感謝状を頂きました

2022-04-19

大学院1年 吉村 柚木子 

 この度、女性医師研究者支援センターより、当医局ホームページ内の女性医師支援ページに対して感謝状を頂きました。私の入局後4年が経過しますが、4人もの女性医師が新たに入局して下さり、心より嬉しく思います。今後、益々の大阪医科薬科大学整形外科学教室の発展を願っています。
 今年度より大阪医科薬科大学大学院生として帰学致しました。一層精進して参りますので、引き続きご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 

令和4年度同門会 教育研修会のご案内

2022-04-07

                               令和4年4月吉日

同門会会員各位

大阪医科薬科大学整形外科学教室
同門会会長 中川 浩彰

令和4年度同門会 教育研修会のご案内

拝啓 
 陽春の候、先生方におかれましては益々ご清祥のことと存じます。
 このたび令和4年同門会教育研修会を下記の日程にて開催いたします。感染防止対策を講じた上で開催致しますので、会員の皆様にはご参加いただきたく存じます。会場準備の関係上、出席してくださる先生の人数を事前に把握したいと思います。会員の先生方には案内状を郵送しておりますので、同封の返信用ハガキにて5月13日(金)までに出欠をお知らせ頂きますようお願いいたします。
 なお当日はマスク着用にてご出席ください。体調のすぐれない場合は出席をお控え頂きますようお願い申し上げます。
 今後の状況の変化によっては開催形式を変更する可能性があり、その場合には再度お知らせさせて頂きます。

敬具
  

― 記 ―

  日 時:令和4年6月4日(土)16時〜18時 
  場 所:ホテルグランヴィア大阪 20階 名庭の間
      大阪市北区梅田3丁目1番1号 T E L:06-6344-1235(代)
     (講演の詳細は別紙プログラムをご参照ください。)

*感染防止対策のため、会場の収容人数を超えました場合は、別室でW E B
視聴いただく場合がございます。
*例年行っております情報交換会は、感染拡大防止のため中止させて頂きます。
*6月25日(土)に予定しております、小野村敏信名誉教授のお別れの会につきましては、別途ご案内を差し上げます。  

          

  

  詳細につきましては、下記をご覧ください。
           ↓ ↓ ↓
令和4年度同門会教育研修会のご案内 (Wordデータ) 

プログラム:令和4年度同門会教育研修会(PDFデータ)

 

 

 

お知らせカテゴリー

お知らせ最新記事

お知らせ月別バックナンバー

PAGETOP